トップ背景 旧20円金貨画像 アイキャッチ 説明
旧20円金貨

明治政府はさまざまな金銀銅貨や紙幣が併用されて複雑だった通貨制度を 明治4年に改め、通貨単位をそれまでの「両」から「円」に改定した。

この時から純金1.5グラムを1円と定め造られた金貨が旧金貨と呼ばれる。

純金では軟らかく摩耗しやすいため、銅を混ぜ品位900とした。

図柄は、表中央に天皇を象徴する龍を置き、裏に日章を八稜鏡、菊桐の枝飾りで囲み、左右に日月を描いた綿の御旗上下に菊と桐紋を配した豪華かつ精緻なものであった。

旧20円金貨は直径が35ミリ以上もある大型金貨で、しかも発行数が極めて少なく、まさに明治金貨の中でも象徴的な存在です。







































一圓銀貨

1871年(明治4年)の新貨条例により、対外貿易専用銀貨として発行された。1914年(大正3年)まで製造され、おもに台湾や中国で流通した。

品位は銀.900、銅.100、量目は26.96グラム(416グレイン)で大型と小型に大別され、量目は同じだが直径が異なる。大型は直径38.6mm小型は38.1mmである。大型は1887年(明治20年)まで、小型は大型にかわり1888年(明治21年)から1914年(大正3年)まで製造された。製造された当時は明治維新後まもなく、造幣技術が確立されていなかったため政府は英国に範を求めたが、持参した加納夏雄の原図の竜図が絶賛され、日本で製造されることになった。また1875年より1878年まで、メキシコ銀貨などと量目をあわせ、同じく貿易専用の「貿易銀」(量目420グレイン)も鋳造された。

ラインナップへ
貿易銀

貿易の便宜上、発行された銀貨。1871年(明治4年)新貨条例で金本位制が採用されたが、アジア貿易では銀貨が通商上の通貨だったので、一円銀貨を発行し決済を目的として開港場に限って流通させた。1898年(明治31年)通用廃止。

ラインナップへ
慶長小判金

慶長小判とは江戸時代の初期の慶長6年(160年)より発行された小判で一両としての額面の計数貨幣である。また慶長小判および慶長一分判を総称して慶長金(けいちょうきん)と呼び、一般的には慶長大判も慶長金に含めることが多い。さらに慶長銀と伴に慶長金銀(けいちょうきんぎん)と呼ばれ、徳川家康による天下統一を象徴する、江戸幕府による初期の貨幣として重要な位置を占める。

ラインナップへ
万延大判金

従来の大判の目方は10両(44匁1分=165.375g)と決まっていましたが、万延大判はこの伝統を破り30匁(112.5g)に軽量化されました。 規定品位も36.67%という従来になく低いものでした。製造は万延元年(1860年)3月17日から文久2年(1862年)までで、製造数は17.097枚です。万延大判には「たがね打」と「のし目打」があります。

ラインナップへ
日本紙幣

明治通宝札は年が経過するにつれていくつか欠点のあることがわかってきました。その第1に紙質が弱く損傷しやすいことでした。第2は各額面のサイズが似ているため低額面の紙幣を高額面の紙幣に変造されやすいことでした。これらの弱点を克服するために製造されたのが改造紙幣「神功皇后札」です。神功皇后札の原版はイタリア人のエドアルド・キヨツネが制作しましたが、印刷は全て日本で行われました。額面は10円、5円、1円、50銭、20銭の5種です。

ラインナップへ
英国ウナとライオン5ポンド金貨

ウイリアム・ワイオン(1828年~1851年まで王立造幣局の主任エングレーヴァー(原型彫刻師)を勤めた人物)が手掛け、1839年に発行された5ポンド金貨の愛称である。1817年に発表した「スリー・グレイシス(the Three Graces)」クラウン銀貨と並び、ワイオン作品で最も人気のある貨幣され、大胆な構図と共に当時より絶賛された。

尚、ウイリアム・ワイオンは回想として、若き(未熟な)ヴィクトリア女王をイングランドを(精神的に)導く「ウナ」として描き、一方でライオンをイングランドの力強さ(国力)を表すものとして、「徳」と「武」が補完しあう事で国家の発展を願って製作したと語っている。またその事を示すものとして、裏面の銘文には「我が君主が進むべき道を示すであろう」を意味する「DIRIGE DEUS GRESSUS MEOS」と刻まれている。